カトージ ハイローチェアの違い・選び方・おすすめ3選を徹底解説します

ママさん

カトージのハイローチェアはいくつか種類があるけど、なにが違うの?

パパさん

選びかたのポイントや我が家に合うおすすめが知りたい

本記事では、こんな疑問にお答えします。

こんにちは!双子パパのハムおです。

我が家は電動ハイローチェア(コンビのネムリラ)・ローラック(コンビのプルメア)・バウンサー(ピジョン)をフル活用しました。

実際にハイローチェアを使った目線・経験で、カトージをご紹介します。

この記事を読めば

ママさん

カトージのハイローチェアの違いがわかった!

パパさん

我が家に合うものが見つかった!

となりますよ!

カトージ ハイローチェアのラインナップ

まずはじめにラインナップをご紹介します。下のように大きく3種類です。

①スイングハイローラック
②ピッコロ
③ピッコロ キャノピー付き

スイングハイローラックは旧タイプで、ピッコロはコンパクト化・機能を強化した新モデルです。

どれも手動タイプで、電動タイプはありません。

カトージとは

育児グッズで有名な会社といえばコンビ、ピジョン、アップリカですね。

カトージとはどんな会社でしょうか?

カトージは1954年に愛知県で生まれ、「楽しいベビーグッズを。」をコンセプトにかかげています。


オリジナルのベビーベッドやベビーチェアが有名で、ほかにも海外のベビーカー、チャイルドシートを取り扱っています。

全国10か所に直営店もあります。


このベッドやチェアのノウハウを生かしたのが、ハイローチェア「スイングハイローラック」なのです。

カトージ「スイングハイローラック」の特長
(ネムリラ・ユラリズムとの違い)

ハイローチェアで定番なのが、コンビのネムリラ、アップリカのユラリズム、そしてカトージのスイングハイローラックです。

「使ってよかった」育児グッズのランキング「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞」では、次のような順位になっています。

ベビーラック&チェア部門
2019年 1位ネムリラ 2位ユラリズム 3位スイングハイローラック
2020年 1位ネムリラ 2位ユラリズム 3位スイングハイローラック
2021年 1位ネムリラ 2位ユラリズム 3位スイングハイローラック

ご覧のように、カトージは安定してネムリラ、ユラリズムに次ぐ3番手。

たまひよ赤ちゃんグッズ大賞はたくさん売れているものほど口コミが集まりやすいので、電動・手動の幅広いラインナップを持つネムリラ・ユラリズムが有利です。

そのような中で安定して3位につけるカトージは十分な人気と実績を誇っているといえるでしょう。

では具体的に何が違うのかをチェックする前に、先に共通点をお伝えしておきます。

■カトージとネムリラ・ユラリズムの共通点

  • 対象年齢
    ベッド:新生児~生後7か月(9kg以下)
    ※ネムリラのBEDi Longは1歳頃まで
      それ以外のネムリラは生後5~6か月まで
    チェア:生後7か月~(腰が据わったころ)48か月ごろ(体重18kg)
  • 連続使用時間
    ベッド:1回30~60分まで
    スウィング:1回15分まで
    1日の合計利用時間:2~3時間
    ※ネムリラ・ユラリズムは3~4時間

対象年齢と連続使用時間はほぼ同じ。1日あたりの利用時間は1時間ほど短いです。

では次にネムリラやユラリズムとの違いを見ていきます。それは次の5つです。

特長① 手動のみ

カトージのスイングハイローラックのスウィング機能は手動のみ。

電動タイプが欲しい場合は、残念ながらカトージを選ぶことはできないので、ネムリラかユラリズムにしましょう。

特長② コンパクト

従来モデルのスイングハイローラックはネムリラ・ユラリズムとほぼ同じサイズでしたが、新モデルのピッコロはとてもコンパクトになりました。

ベビーチェアとして長く使うことを意識して、横幅がベビーチェア並みのサイズになっています。



たしかにネムリラやユラリズムは、ベビーチェアとして使うには大きいんですよね。(下の写真はアップリカのユラリズム)

我が家はネムリラを使いましたが、ベビーチェアとしては長く使わず普通のハイチェアに乗り換えました。

我が家ではテーブルで使うにはスペースが足りなかったので…。

なのでベビーチェアとしても長く使いたい、コンパクトが良いならピッコロがおすすめです。

特長③ シンプル機能

3つ目の特長は機能をできるだけ必要なものに的を絞ったシンプルさです。

ネムリラ・ユラリズムと比較した表がこちら。

表のとおり旧モデルは機能が少ないところが多かったのですが、ピッコロでネムリラ・ユラリズムにほぼ並びました。



注意点はキャスターの軸は回転しないので小回りがきかないこと、虫よけネットがないことです。


このシンプルさが、次にご紹介する「リーズナブルさ」を実現しています。

特長④ リーズナブル

ネムリラ・ユラリズムと比べて特にうれしいのが「リーズナブル」なこと。

ネムリラ・ユラリズムの手動タイプ基本モデルの値段と比べてみました。

下の表のとおり、ネムリラ・ユラリズムが17,000円台なのに対して、特にピッコロは1万円を切るリーズナブルさ!

幌(キャノピー)付きでも15,000円を下回ります。

細かく価格を比べた結果はこちらです。

特長⑤ 高いデザイン性

スイングハイローラックの魅力に、シンプル機能だからこそのスッキリな外観と、シートのデザインがあります。

スイングハイローラックPlune.(プルーン)は、ベースが旧モデルですが、シートのデザインはPlune.が手掛けたコラボモデル。



ネムリラやユラリズムとは違ったテイストを持っています。

カトージよりネムリラ・ユラリズムを選ぶべき5つのケース

以上の違いを踏まえると、あなたが次のケースに当てはまるならネムリラやユラリズムを選んだほうがいいと思います。

ケース① 電動タイプがほしい
残念ながら、カトージには電動タイプしがありません。

ケース② 頻繁に移動がしたい
ハイローチェアの魅力は赤ちゃんを寝かせたまま移動できること。赤ちゃんのそばにいながら家事・入浴ができます。

カトージのキャスターは軸が回転しないので小回りがきかないので、頻繁にいろいろな所を移動するならネムリラ・ユラリズムの方が便利です。

ケース③ 赤ちゃんが大柄・ゆったり寝かせたい
カトージのピッコロはコンパクトさが魅力ですが、横幅がせまいとも言えます。

旧モデルのサイズはネムリラ・ユラリズムとほぼ同じですが、機能が少なく値段も大きく変わりません。

それならネムリラ・ユラリズムを選んだほうがいいでしょう。

ケース④ 部屋のスペースが十分にある
部屋のスペースが十分にあって、コンパクトさを重視しないなら先ほどと同じ理由でネムリラ・ユラリズムを選んだほうがいいです。

ケース⑤ 虫よけネットがほしい
カトージは虫よけネットがありません。あなたの家によく虫が出て赤ちゃんが心配な場合は、カトージは向きません。

あなたが以上のケースに当てはまるなら、カトージを選んでしまうと後悔するでしょう。

それを覚悟してカトージにするか、ネムリラ・ユラリズムを選ぶのがおすすめです。

あなたのタイプ別 おすすめのカトージ ハイローチェア

ここまで読んで「カトージが欲しい!」と思ったあなたへ。あなたに合うおすすめをご紹介しましょう!

おすすめ① コンパクト&リーズナブル重視ならピッコロ

カトージのオリジナリティと魅力がいちばん詰まっているのがピッコロでしょう。


このコンパクトさはピッコロだけ。

旧モデルと比べると機能が充実してネムリラやユラリズムとの差も小さくなりました。

高さ・リクライニング調節も旧モデルより充実してネムリラやユラリズムとの差も小さくなりました。

次のようなかたはピッコロを選んで間違いナシです。

コンパクト重視
  • 部屋のスペースが少ない
  • とくにせまい廊下や浴室にも移動したい
  • ベビーチェアとしても長く使いたい
リーズナブルさ重視
  • 1万円を切る!
  • レンタルではなく買う決断ができる値段
  • もし赤ちゃんの相性が合わず寝てくれなくても親のガッカリ度が少ない

ハイローチェアを使うかいちばん悩むのが「わが子は寝てくれるのか?」です。

どうしても相性があって寝てくれないリスクがあります。高いものを買ったのに寝てくれなかった時のダメージは大きいですよね。

でもピッコロは1万円を切りますし、ネムリラ・ユラリズムよりベビーチェアとして使いやすいので、傷は浅くすみます。

おすすめ② 紫外線/照明/エアコンの風を防ぐ・上の子がいるなら
ピッコロ キャノピー付き

この幌(キャノピー)があると次のメリットがあります。

キャノピー付きのメリット

・赤ちゃんを紫外線から守れる
・暗い環境を作って寝かしつけをサポートできる
 とくに照明が明るい部屋や、上の子がいて暗くできない時に役立ちます
・エアコンの風から守れる

あなたの家で使う時に幌が必要だと感じたならキャノピー付きを選びましょう。

おすすめ③ デザインに一目ぼれしたらプルーン

ときに育児は忙しく、心細く、ツラいもの。


そんなときにかわいいデザインのハイローチェアで眠る、かわいい赤ちゃんの姿があれば、癒されるし気分も上がるし、よし育児がんばるぞっ てなるものです

プルーンのデザインに一目ぼれしたら、もう特に理由は必要ありません。プルーンを選びましょう。

デザインは3種類あります。

ただし買う前に次のことはチェックしておいてくださいね。

事前チェックポイント

●チェアとして使う際にテーブルの高さは合うか

このモデルは高さの調節が少ないです。

チェアとして長く使う場合、テーブルの高さと合うかチェックしておきましょう。

調節できる高さは次のとおり。

プルーン(4段階)
座面  :22cm・45cm・49cm・54cm
テーブル:38cm・61cm・65cm・70cm

※ピッコロ(5段階)
座面  :16cm・39cm・44cm・48cm・51cm
テーブル:31cm・54cm・59cm・63cm・66cm

まとめ | カトージ ハイローチェアの違いと選び方・おすすめ

ネムリラやユラリズムにはない、カトージの魅力は

カトージの魅力
  • コンパクトさ
  • シンプルさ
  • リーズナブルさ
  • 高いデザイン性

です。

このカトージの魅力があなたにピッタリ当てはまったなら、次の3つからあなたに合うものを選んでくださいね。

●ピッコロ:コンパクト&リーズナブル重視

●ピッコロ キャノピー付き:紫外線/照明/エアコンの風を防ぐ・上の子がいる

●プルーン:デザインに一目ぼれ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です