ポイント還元対象店舗検索アプリ(Android版)を使ってみた 使いにくい…やっつけ仕事感がすごい…

girl-504315_1280

この記事のポイント

  • いよいよ始まってしまった消費税増税…(10%)
  • キャッシュレス決裁で2~5%お得に!
  • ポイント還元対象店舗検索アプリが使いにくかった…(Android版)

2019年10月 いよいよ始まってしまった消費税10%

こんにちは! 双子のパパ、ハムおです。

いよいよ始まってしまいましたね…。消費税10%…。

2人の子どもを持つパパとしては、増税で負担が増えるのはツラいです…。

政府も、増税で庶民の財布の紐が堅くなり、景気が悪くなるのを心配しています。

そこで増税の影響をやわらげるために、期間限定で増税の負担を減らす政策も始まりました。

その1つが「キャッシュレス・消費者還元事業」です。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

ポイント還元制度とは

どんな制度かカンタンに確認してみましょう。

キャッシュレス・消費者還元事業とは、お店で代金支払う時に、現金ではなくキャッシュレスで支払えば、商品金額の2~5%相当のポイントでもらえる制度です。

キャッシュレスとは、クレジットカード、デビットカード、電子マネー(例:PASMO、Suica、Edyなど)、QRコード(例:PayPay、LINEPay)などです。

期間

期間は2019年10月~20年6月(9か月間)です。

ポイントがもらえるお店

ポイントがもらえるお店とポイントは、次のとおりです。

中小・小規模事業者:5%
フランチャイズチェーン・ガソリンスタンド:2%

キャッシュレス還元対象店

ポイントのもらいかた

ポイントのもらいかたは、あなたが使うキャッシュレスサービスの会社によって違います。事前に登録が必要なところもあるので注意してください。

  • もらいかた
    • 会計時にその場でポイント分が値引きされる
    • 翌月の一括請求額にポイント分が値引きされる
    • 後日ポイントが付与される
  • 事前登録
    一部のクレジットカード・電子マネーは、事前に専用のWebサイトで登録しておかないとポイントがもらえません。

ポイントがもらえるお店をさがす方法

ポイントは、すべての中小・小規模事業者などでもらえるわけではありません。

現金払いのみのお店はもらえませんし、お店はこの事業に加盟店登録をしなければいけません。

お店をさがす方法は、主に2つあります。

方法① 店頭にステッカーが貼っていないか確認する

加盟店登録したお店は、ステッカーやポスターが貼られています。

キャッシュレス還元対象のお店をさがす

方法② 検索アプリで探す

一般社団法人キャッシュレス推進協議会から、スマホで使える無料の検索アプリがリリースされました。

わざわざ店頭まで行って確認するのは不便なので、ありがたいですね。

引用元 一般社団法人キャッシュレス推進協議会

http:// https://cashless.go.jp/

ポイント還元対象店舗検索アプリを使ってみた

さっそく使ってみることにしました。わたしのスマホはAndroidなので、Android版を使います。(iPhone版もあります)

※使ったのは、2019年10月1日 バージョン1.1.2です。今後はバージョンアップされて内容が変更される可能性があります。

1.インストール方法

Google Playで「キャッシュレス」で検索すると、けっこう下(20番目くらい)に出てきました。

ん…?ユーザー評価が★1.2…。嫌な予感がしますが、とりあえずインストールします。

インストールされると、他のアプリと同じようにスマートフォンの画面にアプリが出現しました。

写真は、わかりやすくするため周りに何もないところに移動させた状態のものです。

2.起動すると

起動すると、はじめに利用規約に同意するか聞かれます。

ちなみに利用規約は次のとおりです。特に問題なさそうだったので同意します。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会がキャッシュレス・
消費者還元事業の一環として提供するスマートフォン用アプリケー
ション「ポイント還元対象店舗検索アプリ」(以下「本アプリ」)
をご利用の際には本規約に従うものとします。また、本アプリのご利用をもって本規約の内容を承諾いただいたものとみなします。本規約の内容は、必要に応じて、事前の予告なしに変更されることがありますので、本アプリのご利用に際しては、本画面で利用規約の最新の内容をご確認ください。


本アプリのコンテンツの利用について
本アプリで公開している情報(以下「コンテンツ」といいます。)は、どなたでも以下の1)~7)に従って、複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等、自由に利用できます。また、数値データ、簡単な表・グラフ等は著作権の対象ではありませんので、これらについては本利用ルールの適用はなく、自由に利用できます。コンテンツ利用に当たっては、本利用ルールに同意したものとみなします。
1)出典の記載について
1. コンテンツを利用する際は出典を記載してください。出典の記載方法は以下のとおりです。
出典記載例:
出典:キャッシュレス・消費者還元事業 ポイント還元対象店舗検索アプリ(本アプリダウンロードのURL) など
2. コンテンツを編集・加工等して利用する場合は、上記出典とは別に、編集・加工等を行ったことを記載してください。なお、編集・加工した情報を、あたかも一般社団法人キャッシュレス推進協議会が作成したかのような態様で公表・利用しないでください。
コンテンツを編集・加工等して利用する場合の記載例:
「○○」(キャッシュレス・消費者還元事業 ポイント還元対象店舗検索アプリ)(本アプリダウンロードのURL)を加工して作成
「○○」(キャッシュレス・消費者還元事業 ポイント還元対象店舗検索アプリ)(本アプリダウンロードのURL)をもとに○○株式会社作成 など
2)第三者の権利を侵害しないようにしてください
1. コンテンツの中には、第三者(一般社団法人キャッシュレス推進協議会以外の者をいいます。以下同じ。)が著作権その他の権利を有している場合があります。第三者が著作権を有しているコンテンツや、第三者が著作権以外の権利(例:写真における肖像権、パブリシティ権等)を有しているコンテンツについては、特に権利処理済であることが明示されているものを除き、利用者の責任で当該第三者から利用の許諾を得てください。
2. コンテンツのうち、第三者が権利を有しているものについては、出典の表記等によって第三者が権利を有していることを直接的又は間接的に表示・示唆しているものもありますが、明確に第三者が権利を有している部分の特定・明示等を行っていないものもあります。利用する場合は利用者の責任において確認してください。
3. 外部データベース等とのAPI(Application Programming Interface)
連携等により取得しているコンテンツについては、その提供元の利用条件に従ってください。
4. 第三者が著作権等を有しているコンテンツであっても、著作権法上認められている引用など、著作権者等の許諾なしに利用できる場合があります。
3)本利用ルールが適用されないコンテンツについて
1. 組織や特定の事業を表すシンボルマーク、ロゴ、キャラクターデザイン
2. 具体的かつ合理的な根拠の説明とともに、別の利用ルールの適用を明示しているコンテンツ
4)準拠法と合意管轄について
1. 本利用ルールは、日本法に基づいて解釈されます。
2. 本利用ルールによるコンテンツの利用及び本利用ルールに関する紛争については、当該紛争に係るコンテンツ又は利用ルールを公開している組織の所在地を管轄する地方裁判所を、第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。
5)免責について
1. 一般社団法人キャッシュレス推進協議会は、利用者がコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツを編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。
2. コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。
6)その他
1. 本利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。
2. 本利用ルールは、2019年8月1日に定めたものです。本利用ルールは、政府標準利用規約(第2.0版)に準拠しています。本利用ルールは、今後変更される可能性があります。既に政府標準利用規約の以前の版に従ってコンテンツを利用している場合は、引き続きその条件が適用されます。

次にスマホの位置情報と連携させるか確認画面が出ました。私は気にしないのでOKにします。

すると私がいる周辺のマップが表示されました。写真は私の住所がバレちゃうので、あえて東京駅周辺に移動させた状態です。

3.お店のさがし方

探したい地域まで移動したら、「このエリアで再検索」をタップします。

すると加盟店に黄色い印がつきました。うーん…印が黄色だけなので、どんなジャンルなのかわからないですね…。

拡大しても黄色だけです。

他のお店の印をタップしてみました。画面下にお店の詳細情報が表示されます。

このタップの反応がけっこう悪いです。かなり拡大して、数回タップしてやっと反応してくれるレベルです。

画面下の詳細情報には、店名・還元率・電話番号・住所・利用できるQRの種類が表示されます。

このローソンでは、LINEPay・PayPayが使えると表示されていますが、本当は他にもいろいろ使えるはず…。(OrigamiPay、d払い、メルペイなど)

一番下の「MAPで開く」を押すと、使いたい地図アプリ(Google Maps Goなど)の選択画面が出ます。

画面左上をタップすると、お問い合わせ、利用規約、プライバシーポリシーのメニューが用意されています。

そして衝撃を受けたのは、その日に利用してポイント還元されたローソンに印がついていなかったことです!

だめだ、これは使えるレベルじゃない…。

ポイント還元対象店舗検索アプリ(Andoroid版)のレビューまとめ

Andoroid版バージョン1.1.2を使ってみた感想は次のとおりです。

  • よかった点
    • スマホアプリで手軽に探すことができる
    • 画面や作りはシンプルでわかりやすい
    • スマホの位置情報に基づいて周囲のMAPが表示される
  • だめな点(改善してほしい)
    • 加盟店が抜けている
    • 加盟店で使える決済の情報が正確ではない
    • タップの反応が悪い
    • お店を探しづらい
      • 印がすべて黄色で、お店のジャンルがわからない
      • 検索機能がない(ジャンル別、店名、場所など)

Google Playレビューが★1.2なのも納得ですね…。

ポイント還元対象店舗検索アプリは、残念ながら「やっつけ仕事」感がすごいです。

たかだか2~5%還元だし期間限定だし、店頭で見たらわかるし、わざわざお金かけて立派なアプリ作らなくてもいいでしょ、って思っているのかも…。

たしかに税金で作ってるだろうからなぁ…。中途半端なものを作るくらいなら、いっそのこと作らない方がいいような…。

今後、改善(?)されるのか定期的にチェックしてみようと思います。

まとめ

  • 消費税10%になり、税負担が重くなる
  • キャッシュレス決裁のポイント還元で、税負担を減らせる
  • ポイント還元対象店舗検索アプリ(Android版)は使いづらい(今後の改善に期待?)

読んでいただきありがとうございました。